がりらや工房

 ~山中湖の木々たちとともに~

 この工房では木工旋盤によるウッドターニングという技法により様々な木の作品を作ってます。

 皿やボールなどの食器や置物、そして燭台など。

 それが私たちの身近にあることで、私たちの生活だけでなく、心までも少しだけ豊かにしてくれる作品がこの工房からは生まれます。

 富士山の北西の麓にある山中湖は、富士山があることによる地形的な影響で降水量が豊富です。その富士の恵みを受け、多様な植物が生息しています。そしてこの植物はこの地に代々住む人々に守られながら、生態系の大切な一部として成長しました。大きく成長した樹木はいつしか老いたり、風雪によって倒れ、その一生を終え、腐って土となり次の世代の生命を支えます。

 この工房では山中湖村の倒木を使って作品を作っています。

 どんな木が倒れるか、どのくらい倒れるかはわかりません。

 そのため、統一規格の大量生産品は作れません。

 その日その時。大きさも数も樹種も全部おまかせ。

 あなたが手に取ったその作品は、山中湖の森で頑張って生きてきた「あの木」から作られた、世界に一つだけの作品です。

 あなたにとってステキな一品が見つかりますように…。